ネットスポーツ観戦ガイド

  • 【テニスファン必見】全豪オープンのライブ視聴方法を解説!

【テニスファン必見】全豪オープンのライブ視聴方法を解説!

2017年に杉田祐一選手がツアータイトルを獲得。そして錦織圭選手がランキング上位をキープしていることで、全豪オープンのような大きい大会のタイトル獲得を期待する人もいるのではないでしょうか?その中でも、視聴して応援するなら、やっぱりライブでしょ!という人のために、ライブ視聴におすすめのコンテンツを紹介したいと思います。

1年の始まりといえる4大大会「全豪オープン」はどのような大会?

全豪オープンは、毎年1月にオーストラリアのメルボルンパークで開催される大会です。シングルスでは128名で戦う、テニスツアーの中で最大規模の大会のひとつとなります。

この規模の大会は、他にも5月末~6月の「全仏オープン」、7月の「ウィンブルドン選手権」、8月末〜9月の「全米オープン」があり、4つの大会を合わせて、4大大会またはグランドスラムと呼ばれています。

全豪オープンと他大会との大きな違いは、開催地が南半球となっていることです。日本から見れば、時差2時間程度なので観戦しやすい環境ですが、北半球をメインで戦っていた選手にとっては調整が難しくなります。

また、全豪オープン開催時期のオーストラリアは大変暑く、気温が35℃を超えることもあるほどです。このような場合は、試合時間を遅らせる、また屋根付きのコートであれば屋根を閉めてプレーできる特例があります。それだけ体調管理が難しく、ランキング上位選手が序盤で負けるなど、波乱が起きやすい大会でもあります。

そんな全豪オープンでの、錦織選手の結果はどうだったのでしょう?2016年はノバク・ジョコビッチ選手に敗れ、2017年はロジャー・フェデラー選手に敗れています。やはり大きい大会で勝ち上がると、ランキング上位選手が立ちはだかる壁となるようです。

ただ、日本人選手が負けてしまったとしても、2017年決勝のラファエル・ナダル選手とロジャー・フェデラー選手の試合のように、ベテラン選手の戦いも白熱して見応えがあり、注目したい大会となっています。

安く・確実にライブ視聴をしたいならスポナビライブ

試合を視聴したい人は、まず「安さ」を考えると思います。安さでいうと地上波のNHK放送です。2015年~2017年にNHKでは全豪オープンを放送しています。

ただし、ライブではなく収録放送が基本です。また、全豪オープンなどの4大大会では、男子は5セットマッチで戦うので、遅延が発生することがよくあります。錦織圭選手の活躍次第でライブ放送に切り替わりますが、あくまで予定であり確実性に欠けます。

次にBS放送の「WOWOW」ですが、契約さえすれば「WOWOWライブ」にて、すべての試合をライブ配信で視聴することができます。料金は「月額2,484円(税込)」ですから、比較的安価といえるでしょう。

ただし、BS放送が視聴できるテレビ環境を整える必要があり、また、テレビでしか視聴することができないため、その時間に自宅にいる必要があります。

場所と安さでメリットがあるのが、ネット中継サービスの「スポナビライブ」です。まず、テニスであれば全豪オープンだけでなく、他の大会の試合も全試合がライブ配信です。

また、インターネット配信なので、場所を問わずスマートフォン、PC、タブレット視聴も可能です。そして、試合を見逃してしまったとしても、「見逃し機能」があるため、見たかった試合を振り返って視聴することも可能です。試合が遅延などで視聴できなかったとしても安心ですね。

気になる料金ですが、「ソフトバンク」「Yahoo!プレミアム」「ワイモバイル」会員の場合、「月額980円(税抜)」にて利用できます。また、会員でない場合でも「月額1,480円(税抜)」にて利用できるので、低価格にて動画視聴ができるのも大きなメリットです。

安さだけじゃない!「充実」と「きれいな画像」がうれしい

「スポナビライブ」の安さについて説明しましたが、ただ安いだけでも心配という人もいると思います。そこでテレビの画質と比べたときのネット中継の画質、または中継の充実度についてふれていきたいと思います。

まず画質についてですが、視聴方法がフルHDに切り替えされたことにより、高画質で視聴できるようになりました。品質としてはテレビの画質に近い映像になったといえるでしょう。また、通信制限がない人であれば、ユーザー側で画質の種類を変更できるので、より鮮明に見たい人は、高画質を選択することもできます。※通信料が変化するので、通信容量が決まっている人は注意が必要です。

また、充実度でいうと、テニス中継は配信範囲を大幅に拡大しています。4大大会のような大きい大会だけではなく、ATPワールドツアー250シリーズの年15大会~ATPワールドツアーマスターズ1000の年12大会など、ツアー大会の中では規模の小さい大会から、注目選手が多く出場する大会まで、さまざまな大会を視聴できます。

錦織圭選手だけではなく、他の活躍している日本人選手を応援することも、世界ランキング1位を争うアンディ・マレー選手、ラファエル・ナダル選手のような海外トップ選手の戦いを視聴することもできます。

インターネット配信なら「安い」「安心」「充実」の3拍子そろったスポナビライブがおすすめ

「スポナビライブ」のメリットについてまとめると、

  • BS放送のWOWOW「2,484円(税込)/月」と比較しても、スポナビライブは「1,480円(税抜)/月」という安価で契約ができる。※しかも、「ソフトバンク」「Yahoo!プレミアム」「ワイモバイル」会員であれば「980円(税抜)/月」で契約できる。
  • フルHD採用、画質設定も行うことができるので、テレビ画質に近く非常にきれいな映像で視聴が可能。
  • ネット配信なので場所を選ばず、「見逃し機能」があるため改めて視聴することが可能。

上記以外にも、今の時期なら初回最大1カ月の無料期間がありますので、お試しにまずは視聴してみて、画質や機能を確認してはいかがでしょうか。(2017年9月現在)

スポナビを見てみる

TOP