トータルスポーツmedia

  • 【テニスファン必見】全豪オープンのライブ視聴方法を解説!

【テニスファン必見】全豪オープンのライブ視聴方法を解説!

2017年に杉田祐一選手がツアータイトルを獲得。そして錦織圭選手がランキング上位をキープしていることで、全豪オープンのような大きい大会のタイトル獲得を期待する人もいるのではないでしょうか?その中でも、視聴して応援するなら、やっぱりライブでしょ!という人のために、ライブ視聴におすすめのコンテンツを紹介したいと思います。

1年の始まりといえる4大大会「全豪オープン」はどのような大会?

全豪オープンは、毎年1月にオーストラリアのメルボルンパークで開催される大会です。シングルスでは128名で戦う、テニスツアーの中で最大規模の大会のひとつとなります。

この規模の大会は、他にも5月末~6月の「全仏オープン」、7月の「ウィンブルドン選手権」、8月末〜9月の「全米オープン」があり、4つの大会を合わせて、4大大会またはグランドスラムと呼ばれています。

全豪オープンと他大会との大きな違いは、開催地が南半球となっていることです。日本から見れば、時差2時間程度なので観戦しやすい環境ですが、北半球をメインで戦っていた選手にとっては調整が難しくなります。

また、全豪オープン開催時期のオーストラリアは大変暑く、気温が35℃を超えることもあるほどです。このような場合は、試合時間を遅らせる、また屋根付きのコートであれば屋根を閉めてプレーできる特例があります。それだけ体調管理が難しく、ランキング上位選手が序盤で負けるなど、波乱が起きやすい大会でもあります。

そんな全豪オープンでの、錦織選手の結果はどうだったのでしょう?2018年は怪我のため欠場でしたが、2016年はノバク・ジョコビッチ選手に敗れ、2017年はロジャー・フェデラー選手に敗れています。やはり大きい大会で勝ち上がると、ランキング上位選手が立ちはだかる壁となるようです。

ただ、日本人選手が負けてしまったとしても、2018年決勝のマリン・チリッチ選手とロジャー・フェデラー選手の試合のように、白熱して見応えがあり、注目したい大会となっています。

全豪オープンのおすすめの視聴方法

試合を視聴したい人は、まず「安さ」を考えると思います。安さでいうと地上波のNHK放送です。2015年~2017年にNHKでは全豪オープンを放送しています。

ただし、ライブではなく収録放送が基本です。また、全豪オープンなどの4大大会では、男子は5セットマッチで戦うので、遅延が発生することがよくあります。錦織圭選手の活躍次第でライブ放送に切り替わりますが、あくまで予定であり確実性に欠けます。

次にBS放送の「WOWOW」ですが、契約さえすれば「WOWOWライブ」にて、すべての試合をライブ配信で視聴することができます。料金は「月額2,300円(税抜)」ですから、比較的安価といえるでしょう。

場所と安さでメリットがあるのが、ネット中継サービスの「スポナビライブ」です。まず、テニスであれば全豪オープンだけでなく、他の大会の試合も全試合がライブ配信です。しかし、スポナビライブは2018年5月31日をもってサービスを終了してしまいます。

そこで、全豪オープンはスカパー!で視聴することをオススメします。スカパー!といえばテレビ放送のイメージがありますが、加入したら無料でオンデマンドサービスも利用することが可能で、PCやスマホ、タブレットでも視聴可能です。

スカパー!経由でのWOWOWの視聴がお得

スカパー!とWOWOWでは、放送する内容が違います。最も大きな違いは、WOWOWは「グランドスラム」を、スカパー!は「ワールドツアー」を放送するということです。つまり、全豪オープンをライブで見るためにはWOWOWに加入することが必須なのですがスカパー!経由でWOWOWに加入することをオススメします。

スカパー!は多チャンネル放送サービスなので、WOWOWという「1つのチャンネル」を視聴するようにすればいいのです。ちなみにワールドツアーを放送しているのはGAORAというスカパー!内にある1つのチャンネルです。

スカパー!経由でWOWOWに申し込むメリットは様々なチャンネルを使い分けられることにあります。WOWOWではグランドスラムを観られますが、通年で楽しむワールドツアーを楽しむことができません。なので、グランドスラムもワールドツアーも楽しめるようスカパー!経由で加入しておくと後々の選択肢が広がります。

全豪オープンをライブで見るならスカパー!

「スカパー!」のメリットについてまとめると、

  • WOWOW「2,300円(税抜)/月」と同じ料金でワールドツアーの放送(GAORA)に切り替えるという選択肢が手に入る
  • テレビ放送だけでなくて、オンデマンドサービスもありPCやスマホ、タブレットで視聴可能
  • ネット配信では場所を選ばないし、ライブ観戦が可能

上記以外にも、2週間の無料期間がありますので、お試しにまずは視聴してみて、画質や機能を確認してはいかがでしょうか。

スカパー!を見てみる

TOP