トータルスポーツmedia

  • 【プロ野球ファン必見】ネット中継で最もお得に視聴する方法

【プロ野球ファン必見】ネット中継で最もお得に視聴する方法

「好きな球団の試合がテレビで観られない…」

最近はプロ野球のテレビ放送は減少し、放送してもBS放送が主流です。しかしそれに伴い視聴方法が多様化し、「インターネット中継」という方法で観戦する人が増えてきています。

中には無料配信期間のある動画配信サイトもあり、人気を集めています。この記事では、そんな野球ファンにおすすめの「インターネット中継」についてご紹介します。

インターネット中継サービスのメリット

近年、プロ野球中継を、地上波放送でテレビ視聴するのではなくインターネット中継サービスで観るファンは増えています。インターネット中継をしている動画配信サービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

スマホ、タブレットで視聴可能

大きなメリットはスマホ、タブレットで視聴可能なことです。移動中、外出先でも試合をライブで観ることができます。基本的に端末や携帯会社に関係なく、良好な画質で観ることが出来ます。

自宅で野球観戦ができないケースがある方にとって、インターネット中継サービスを利用することのメリットは大きいといえそうです。

その他のスポーツも視聴可能

インターネット中継サービスを利用すれば、プロ野球だけでなく他のスポーツの試合放送も楽しむことができます。テニスのような終わりの時間が読めないスポーツでも最後まで放送してくれます。

また、日本で放送されていない海外サッカーの試合の中継放送があるサービスもあるのでその競技のファンにとっては嬉しいサービスです。

低料金

多くのインターネット中継サービスは月額1,000円程度から視聴可能です。おためし無料期間などのサービスも付帯されていることが多く、気軽に登録して利用を始められます。

複雑そうに見える利用登録も、多くのサービスは公式ホームページからの簡単登録ができ、10分程度で利用可能です。

配信開始が通知される

一部のネット中継サービスでは、自分の観たい試合の生放送の配信開始時にプッシュ通知するサービスがあります。これがあれば生放送を見逃す心配もありません。

テレビの大画面でも視聴可能

大画面で応援したい場合、「インターネット回線」と「パソコンとテレビをつなぐデバイス」があれば簡単にテレビ視聴することができます。

仕事がある忙しい日は電車の中でスマホを使って観戦、休日は家のテレビの大画面でゆっくり観戦するというように、視聴場所を選ばずにその時の状況に合わせて視聴方法を変えられるのでテレビ視聴だけの時よりもさらにスポーツ観戦を楽しむことができます。

インターネット中継サービス徹底比較!

ひとくちにインターネット中継サービスといってもさまざまなサービスがあります。どのようなサービスがあるのか一覧表で確認していきます。

サービス名 月額(税抜) 備考
スポナビライブ 980円 広島、巨人主催試合を除く全試合をライブ配信※1
パ・リーグTV 950円 パ・リーグ主催全試合をライブ配信※2
スカパー!オンデマンド 4,075円 広島、巨人、阪神主催試合を除く全試合をライブ配信
ニコニコプロ野球チャンネル 無料 DeNA、楽天主催試合をライブ配信
フジテレビONEsmart 1,000円 ヤクルト戦全試合ライブ放送、プロ野球ニュース放送あり
JSPORTS オンデマンド 1,800円 オリックス、中日、広島(一部)主催試合をライブ配信
Hulu 933円 巨人主催試合全72試合をライブ配信
DAZN 1,750円 DeNA、広島主催試合をライブ配信

(※1)ソフトバンク、Yahoo!プレミアム、ワイモバイル契約していない場合1,480円
(※2 )パリーグ球団の有料ファンクラブ会員以外は1,450円

2017年9月時点ではスポナビライブが視聴球団数の最も多いインターネット中継サービスであり、おすすめです。巨人、広島を除く10球団の主催試合を視聴可能となっています。

気になるお値段は月額料金980円(税抜)~とお手頃価格。また、初回最大1カ月無料の特典(2017年9月時点)もついており、お試し感覚で始めることも可能と至れり尽くせりです(中日主催試合の一部放送なし、阪神主催試合は5分ディレイ、ヤクルト主催試合は見逃し配信なし)。

またリーグ戦や交流戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズといった公式戦はもちろん、スカパーなどの有料放送でしか観られないオープン戦やオフシーズンの海外チームとの練習試合などもあります。

巨人の中継をメインで観たい方はHulu、広島の中継はDAZNがそれぞれおすすめです。これら3つのサービスではプロ野球以外のコンテンツを観ることも可能です。

それぞれ、国内外のスポーツ、映画、ドラマなど強い分野が違うので用途に合わせてインターネット中継サービスを選ぶのがよいでしょう。

【球団別】各球団に合ったネット中継サービス

2017年9月時点で、プロ野球12球団の試合をインターネット中継サービスで観られます。ただ、配信球団など放送内容に若干違いがあります。ここで、各球団ごとに観ることが可能なサービスをご紹介します。
表1(他は表2参照)

球団名 サービス名
スポナビ スカパー パTV DAZN Jスポ GAORA ニコ動 プロ野球24
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
横浜DeNA
ベイスターズ
阪神タイガース
東京ヤクルト
スワローズ
中日ドラゴンズ
北海道日本ハム
ファイターズ
福岡ソフトバンクホークス
千葉ロッテ
マリーンズ
埼玉西武
ライオンズ
東北楽天
ゴールデンイーグルス
オリックス・
バファローズ

表2

球団名 他サービス名
広島東洋カープ カープ動画ライブ
読売ジャイアンツ 日テレジータスオンデマンド、Hulu
横浜DeNAベイスターズ SHOW ROOM
阪神タイガース 虎テレ、スカパー!オンデマンド スカイA
東京ヤクルトスワローズ フジテレビONEオンデマンド
東北楽天ゴールデンイーグルス At Eagles、Rakutenn TV

どこの球団の試合を観るのかが、明確になっていない場合と特定球団を観たい場合で契約するべきサービスが変わってきます。複数球団の試合を追いかけたいのであれば、多くの球団を視聴できるスポナビライブが便利でしょう。

表を見てもわかるとおり、全チームの全試合を網羅することはできませんが、巨人、広島以外の10球団をカバーしているところが一番の強みです。

巨人、広島の試合も楽しみたいのであれば、スポナビライブに加えてHulu(巨人戦)、DAZN(広島戦)を追加で契約するのもひとつの方法でしょう。

プロ野球を無料で観戦する方法はないのか?

低料金とはいえ、インターネット中継を見るにはお金がかかります。プロ野球中継を無料で視聴したい人も多いはずです。しかし残念ながら無料で見れる手段は「地上波の試合放送」しかありません。

地上波でのプロ野球のテレビ中継は、放送しても視聴率が昔に比べてあまり良くないことから、プロ野球を放送する放送局が少なくなってしまったことで、放送される試合数が減少してしまいました。

このことから、無料の試合放送だけでは自分の贔屓球団があっても全試合見ることは不可能なのです。生中継ですべての試合を応援したいという方には、やはりインターネット中継での視聴方法をおすすめします。

プロ野球中継を見るならまずはスポナビライブで!

最後に内容をおさらいしましょう。

  • インターネット中継サービスはどこでもライブで観戦できる!
  • インターネット中継は低価格!スポナビライブなら10球団の主催試合が視聴可能!
  • 特定球団を観たいならそれに合ったサービス、複数球団の試合を観たいならスポナビライブがおすすめ!
  • スポナビライブなら初回最大1ヶ月無料!

インターネット観戦はどこにいても観戦が可能なため、より時間を有効的に使うことが出来るようになります。

また、スポナビライブなら低価格で多くの球団の試合を見ることが出来ます。スポナビライブでインターネット中継サービスを試してみませんか。まずは無料キャンペーンに登録してみることをオススメします。

スポナビを見てみる

TOP